ワインで悪酔いしない方法!原因や防止・対処法!
悪酔いは事前の対策が大切!おすすめサプリを紹介します!

 

ワインで悪酔いする原因とは?

ワインで悪酔いする原因とはなんでしょうか?

 

日本酒や焼酎もおいしいですが、
洋風のおいしいおつまみにはやはりワインが合いますよね。

 

ワインと一言でいっても様々な種類がありますので、
その日の気分やおつまみに合わせて、
種類を変えたワインを楽しむのも良い
ですよね。

 

ワインで悪酔いしない方法

 

そんなワインですが、飲みすぎて悪酔いをしてしまった
経験があるという方もいるのではないでしょうか。

 

今回はワインをもっと楽しんで飲めるようにするために、
悪酔いしてしまう原因・対処法について探っていきます。

 

ワインに限らずお酒を飲みすぎて悪酔いしてしまうときは、
短時間で大量のお酒を飲んで血液中のアセトアルデヒドの量が増えてしまうのが原因です。

 

私たちはアルコールを摂取すると、体内でアセトアルデヒドから酢酸へと分解をしていきますが、
このアセトアルデヒドは人体にとって有害な物質で、
増えすぎると様々な身体の不調を引き起こす原因となります。

 

悪酔いしてしまう原因は、
身体の中にアルコールが増えすぎてしまう事が原因です。

 

そのため、短時間で大量のお酒を飲みすぎてしまうと
悪酔いの原因となります。

 

ワインで悪酔いしない方法とは?

 

また、原因としてワイン以外のものを同時に摂取していない
というのも考えられます。

 

空腹状態でワインを飲んだり、飲みながらおつまみを口にしていない状態ですと、
胃の中でアルコールがダイレクトに吸収されてしまい、
同じ量を飲んだ場合でもより悪酔いしやすくなってしまいます。

 

このように悪酔いの原因は、お酒の飲み方が原因となっているので、
楽しんで飲む方法をおさえておきましょう。

 

 

ワインで悪酔いするのを防止する方法は?

ワインで悪酔いするのを防止する方法はあるのでしょうか?

 

一度、悪酔いしてしまうとそこから体調を治すのは難しく、
ただ身体からアルコールが抜けていくのに耐えるしかないです。

 

そのため、悪酔いしないようにするには、
きちんとワインを飲む前と飲んでいる最中に防止することが必要です。

 

今回はワインで悪酔いを防止する方法を見ていきましょう。

 

ワインで悪酔いを防止する方法

 

まずは飲む前に注目してみます。

 

悪酔い防止で最も大切なのが、
ワインを飲むときは空腹状態で飲み始めないようにしましょう。

 

空腹状態で飲み始めるとアルコールの吸収が良くなってしまいます。

 

胃にアルコールしか入っていない状態を避けるのが大切な防止法です。

 

飲み会などで乾杯でいきなり、飲み始めるという時には、
飲み会が始まる前に何か口にしておくと悪酔い防止になります。

 

他には飲み始める前にウコンなどのアルコールの分解力を高める効果のある
サプリやドリンクを飲んでおくのもとても良い悪酔い防止法です。

 

 

>>実際に飲んで選んだ悪酔い対策・防止サプリメントはこちら!

 

 

 

 

これは飲み会後に飲む方もいますが、
サプリやドリンクは飲み会前に飲んで、
アルコールの分解力を高めておくのがより良い飲み方です。

 

ウコンなどのドリンクは悪酔い防止に効果的で、
コンビニにも売られているので手に入りやすいですよね。

 

しかし、量が多くて飲みきれなかったり
あの独特の味やにおいが苦手という方もいるかと思われます。

 

そんな時はウコンが凝縮されているけれど、粒状サプリで飲みやすい
ゲンキウコンがおすすめです。

 

ゲンキウコンは個包装タイプですので、
持ち歩きにも便利という特徴があります。

 

他にはワインを飲む機会はほとんどなくて、
たまにしか飲まないから、いつもサプリメントを用意しておくのが
大変という方もいるでしょう。

 

そんな方はアルコール分解力を高める以外にも使える
エグゼ酵素がおすすめです。

 

エグゼ酵素は酵素の力が詰まっている悪酔い防止サプリなので
普段はダイエット補助としても使える悪酔い防止法です。

 

 

 

ワインで悪酔い防止法
そして、飲んでいるときにも悪酔い防止をしておきましょう。

 

ワインを飲むときは、量を飲みすぎないように注意して、
間に水を挟むように飲めばなお良い
でしょう。

 

おつまみも食べて胃の中身がワインだけと
ならないようにしながら飲んでいきましょう。

 

おつまみや親しい人との会話を楽しみながら、
落ち着いたペースで飲むのが悪酔いの防止法です。

 

 

ワインで悪酔いした時の対処法

ワインで悪酔いした時の対処法はどう?

 

ワインで悪酔いしてしまうと頭痛や吐き気など大変ですよね。

 

せっかく美味しいお酒を楽しめなくなりますし、
飲み会などに参加している場合は、会話を楽しむこともできなくなってしまいます。

 

そうならないように悪酔いしてしまった時の
対処法についても抑えておきましょう。

 

ワインで悪酔いを予防するには

 

まず、基本は悪酔いした時の対処法よりもしないための対処法が大切ということを覚えておきましょう。

 

それでも残念ながら悪酔いしてしまった時は、
まずお水や柑橘系の飲み物を飲むようにしましょう。

 

水を飲むと身体の中のアルコール濃度を薄くすることができます。

 

そして、利尿効果もあるので、よりアルコールを体外に排出しやすくなります。

 

柑橘系の飲み物は、さっぱりしていて気持ち悪い中でも飲みやすいですし、
柑橘類に含まれているクエン酸は肝臓の機能を高める作用が知られています。

 

オレンジジュースは甘すぎて飲めないという場合は
グレープフルーツジュースがおすすめです。

 

ワインで悪酔いを防ぐ飲み物

 

頭痛や吐き気がひどい場合には少し暗い所で安静にしておく
のも対処法の一つです。

 

動くとよりアルコールが回るので注意しましょう。

 

明るいとより頭痛がひどくなる場合もあるので、暗いところがおすすめです。

 

そして、どうしても症状が良くならず吐き気もひどい場合は、
飲んだワインを吐いてしまうのも一つの対処法です。

 

吐いてアルコールが身体の外へ排出されるので症状を楽にできます。

 

吐くと急にすっきりとするので、またお酒を飲みたくなってしまうかもしれませんが、
もう飲むのはやめたほうが良いでしょう。

 

吐くのはお店のトイレも汚れますし、
最終手段と考えておきましょう。

 

 

ワインで悪酔いしない方法

ワインで悪酔いしない方法をご紹介!

 

ワインは悪酔いしやすいお酒というイメージがあるかもしれません。

 

今回は悪酔いしない方法を押さえて
ワインを楽しく飲めるようにしましょう。

 

ワインは醸造酒であり、複数種類のアルコールが含まれているお酒です。

 

そのため、何度も蒸留を繰り返した
蒸留酒よりは悪酔いしやすいお酒といえるでしょう。

 

また、冷やして飲む場合も多いので、
飲みやすく量を飲んでしまいがちになってしまうという理由もあります。

 

ワインで悪酔いする原因

 

悪酔いしないためには飲む量を抑えるというのがまず大切です。

 

間に水を飲むようにする、ワインを飲みながら会話を楽しむ、
おつまみを食べながらゆっくりと飲むなどの方法がおすすめ
です。

 

たくさんがぶがぶとビールのような感覚で飲むと
アルコール度数が高いのであっという間に悪酔いしてしまいます。

 

他にはワイン選びも大切です。

 

白から赤ワインへと変更する場合は悪酔いをあまりしませんが、
逆に赤ワインから白ワインへと変えた場合は悪酔いしやすくなる傾向がある
ので避けたほうが良いでしょう。

 

赤ワイン白ワイン飲む順番

 

そのほかに自分でワインを購入して、自宅で飲む場合などは含まれる
添加物にも気を配りましょう。

 

日本で売られているワインには抗酸化剤が含まれているものが多いですが、
この抗酸化剤が身体の中で、余計な添加物として扱われて、
悪酔いをよりしやすくしてしまうことがあります。

 

抗酸化剤を含んでいないものを探して、飲むかワインをあけてすぐに飲み始めるのではなく、
時間をおいて少し酸化させてから飲み始めると悪酔いしにくくなるそうです。

 

少しワイン選びにこだわるなら、
無添加で低温輸送ワインを飲むと
おいしく悪酔いもしにくく、楽しむことができそうです。

 

 

悪酔いを予防するサプリを飲んでおくことで更にワインが楽しめるようになりますよ。

 

>>悪酔い対策・防止サプリメントはこちら!