焼酎で悪酔いする理由と対策方法!

 

焼酎で悪酔いする理由と対策について!

焼酎で悪酔いする理由と対策!予防おすすめ
悪酔い予防は飲む前の準備と飲み方が大切です。
焼酎で悪酔い

 

焼酎で悪酔いしないポイントを徹底解説しちゃいます。

 

 

なぜ悪酔いするのか、悪酔いの予防法についてはこちらで詳しく解説しています。
>>悪酔いの原因と対策はこちら!

 

 

焼酎で悪酔いする理由とは

焼酎で悪酔いする理由とは

 

焼酎は悪酔いしにくい
お酒ときいたことがある方もいるかもしれません。

 

しかし、それでも飲んでみたら悪酔いしてしまった…
という経験もあるのではないでしょうか。

 

焼酎って悪酔いしないんじゃ?

 

実は焼酎の中にも、
悪酔いしやすいものと悪酔いしにくいものがあるんです。

 

今回は焼酎で悪酔いしてしまう理由について解説していきます。

 

そもそも悪酔いするメカニズムをみてみましょう。

 

アルコールを体内で分解するときに発生する
有害物質アセトアルデヒドが、血液内で一定以上の量になると、
気分が悪くなったり、精神的に不安定になってしまったり、
頭痛が起きたりと悪酔いの状態になってしまいます。

 

アルコールの分解速度やアセトアルデヒドの分解速度には、
個人差があるので、悪酔いのしやすさにも違いがあらわれます。

 

そして、アルコールの分解速度は、
飲んだお酒の種類によってもかわってきます。

 

焼酎の悪酔い

 

これが「このお酒は悪酔いしやすい」
「これなら悪酔いしにくい」といわれる理由です。

 

焼酎の悪酔い
一般的には含まれているアルコールの種類が少なく、
純度が高いものの方が、分解時に体内の負担になりにくいので、
悪酔いしにくいといわれています。

 

焼酎は何度も蒸留していて、アルコール純度が他のお酒にくらべて高いので、
悪酔いしにくいと聞いたことがあるかもしれません。

 

しかし、これは甲類焼酎と呼ばれる焼酎のみの話です。

 

焼酎

 

焼酎には、蒸留方法の違いから、
甲類焼酎と乙類焼酎に分けられます。

 

甲類焼酎は何度も蒸留を繰り返し、
エチルアルコールのみを含んだものなので、
体内への負担は少ないです。

 

しかし、乙類焼酎は蒸留を1回しかしないので、
エチルアルコール以外のアルコールや香料など、
様々な不純物が存在します。

 

そのため、体内で分解時に負担がかかり、
悪酔いしやすくなってしまうんです。

 

これが焼酎で悪酔いしてしまう理由なんです。

 

 

焼酎の悪酔いを予防するならコレ!

焼酎の悪酔いを予防する!

 

悪酔いはアルコールを体内で分解した時に発生する
有害物質アセトアルデヒドが身体の中で
一定以上になると起きてしまいます。

 

焼酎の悪酔い予防

 

そのため、悪酔いを予防するには、
アルコールの分解速度を高めること、
アセトアルデヒドの分解速度を早めてできるだけ
早く体外に排出することが必要になります。

 

もちろん飲みすぎないようにする、などの方法で、
焼酎の悪酔いを予防することもできますが、
その場の雰囲気で飲みすぎてしまうなんてこともありますよね。

 

そんな時は事前に対策をしておくのがおすすめです。

 

コンビニなどにも、ドリンクなどで焼酎の悪酔いを防止できる商品が販売されていますが、
おすすめなのは持ち歩きしやすい錠剤タイプの悪酔い防止アイテムです。

 

例えばゲンキウコン

焼酎の悪酔いにゲンキウコン
リニューアルされてウコンの含有量が増え効果が高まりました。

 

また、個包装で粒タイプですので、
1回分を持ち歩くのも簡単にできます。

 

飲み会の前に友人に配ったり、
上司や先輩に分けてあげるのも、
気配りができていて素敵ですね。

 

ゲンキウコンはウコンがたくさん含まれていますが、
粒タイプなのでウコンの匂いや味が苦手な方にもおすすめです。

 

ドリンクタイプですと、1本飲みきるのが難しいという人には、
ゲンキウコンのような粒タイプのウコンがおすすめです。

 

>>実際に飲んでみた!ゲンキウコンの口コミを見たい方はこちら!

 

 

 

他におすすめなのはエグゼ酵素です

焼酎の悪酔いにエグゼ酵素

 

エグゼ酵素は酵素の力で、
アルコールの分解速度を早める効果があります。

 

若いときは焼酎を飲んでも悪酔いなんてしなかったのに、
最近、悪酔いしてしまう、、、という場合は、
体内の酵素量が減少していることが考えられます。

 

加齢に伴い、体内の酵素量はどうしても減ってしまうので、
身体の外から酵素を摂るのがおすすめです。

 

また、酵素はアルコール分解速度をはやめるだけでなく、
代謝を良くする効果があるので、焼酎を飲まない日に飲めば、
ダイエットを促進するはたらきもあります。

 

これは女性にとっては嬉しいですよね。

 

普段あまり焼酎を飲まないという方は、
ウコンタイプではなく、日常にも使えるエグゼ酵素がおすすめです。

 

 

>>悪酔い予防サプリのおすすめランキングはこちら!

 

 

 

焼酎で悪酔いしない飲み方!

焼酎で悪酔いしない飲み方は?

 

悪酔いは一度起きてしまうと、体内からアセトアルデヒドが排出されるまで、
ずっと続いてしまいます。

 

焼酎の悪酔いに

 

そうならないようにするには、
予防と焼酎を飲んでいる時の飲み方が大切です。

 

まずは予防についてです!

 

焼酎を飲む前にちょっとした対策をすることで、
悪酔いを予防することができます。

 

手軽でおすすめなのはサプリを飲むことです。

 

サプリを焼酎などのお酒を飲み始める前に飲んでおけば、
悪酔いしないようにすることができます。

 

他には焼酎を飲んでいる時の飲み方も重要です。

 

おなかが空いていて、胃の中が空っぽの状態で、
焼酎を飲まないようにしましょう。

 

胃にアルコールしかない状態になり、
アルコールの吸収がはやくなってしまいます。

 

他には焼酎を飲む間に水を飲むようにするのもおすすめです。

 

水を間にはさむことで、
胃の中のアルコール濃度を薄くすることができます。

 

また、トイレにも行きたくなるので、
アルコールを体外に排出しやすくなります。

 

他にはあまり速いペースで飲みすぎないことも大切です。

 

これくらいなら悪酔いしないという、自分にあった飲み方をみつけて、
楽しみながら焼酎を飲むのもおすすめです。

 

焼酎の悪酔いがひどい

 

せっかくですから、飲み会での会話や焼酎の味を楽しみながら、
ゆっくりとお酒を味わいましょう。

 

 

甲類の焼酎は悪酔いしやすいの?

甲類の焼酎は悪酔いしやすい?

 

焼酎には甲類焼酎と乙類焼酎の2種類
あることをご存知でしょうか。

 

焼酎の種類

 

焼酎は蒸留方法の違いで、
甲類焼酎と乙類焼酎に分けられます。

 

どちらが悪酔いしやすいか気になりませんか?

 

蒸留方法の違いや実際のお酒の違いとともに、
悪酔いのしやすさについて紹介していきます。

 

・甲類焼酎は何度も蒸留を繰り返し、
エチルアルコールのみを含んだ状態の焼酎です。

 

ピュアで癖がないので、そのまま飲むというよりは、
カクテルやサワーなどを作るのにも使われたりします。

 

含まれているアルコールの種類が少ない分、
体内で分解がしやすく悪酔いはしにくいといえるでしょう。

 

逆に乙類焼酎は蒸留を1度だけして作った焼酎です。

 

そのため、複数のアルコールが残っている状態です。

 

これを体内に摂取すると、身体に負担がかかるので、
甲類焼酎よりは悪酔いしやすいといえるでしょう。

 

しかし、乙類焼酎は、そばやいも、米や麦など、
バラエティに富んだ原材料が魅力的です。

 

悪酔いしやすい焼酎

 

1度しか蒸留をしないので、
原材料の特徴が残り、そのまま飲んでも楽しめる焼酎となっています。

 

どちらにもそれぞれ魅力がありますので、
焼酎に合った飲み方を楽しみたいですね。

 

そのためには悪酔いのしやすさも覚えておくといいでしょう。

 

 

安い焼酎は悪酔いしやすいの?

安い焼酎は悪酔いしやすい?

 

悪酔いしやすい安い焼酎
焼酎に限らず、高いお酒は悪酔いしにくくて、
安いお酒は悪酔いしやすい
という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

果たしてこれは本当でしょうか、
本当の場合、
どうして安い焼酎などのお酒は悪酔いしやすいのか。

 

理由としては2つ考えられます。

 

まず1つ目

 

複数のアルコールが、焼酎の中に含まれていることが考えられます。

 

何度も蒸留を繰り返すと、コストがかかるので、
蒸留回数を減らしている安い焼酎は、複数のアルコールを含んでいて、
飲んだ時、身体の負担になってしまうことが考えられます。

 

 

続いて2つ目

 

安い焼酎には味わいや持ちを良くするために、
人工添加物が含まれていることがあります。

 

悪酔いしやすい安い焼酎とは

 

アルコールと一緒に、これらの人工添加物を摂取した時、
添加物の分解とアルコールの分解を同時に行うことになるので、
身体に負担がかかり、悪酔いをしてしまうことがあります。

 

例えば、安い焼酎などで人工甘味料を使用しているものは、
人工甘味料が身体に合わず、アルコールの分解速度が遅くなって
悪酔いしてしまう場合もあります。

 

特定の安い焼酎でのみ悪酔いするという場合は、
中に含まれている添加物が合わないのかもしれませんので、
避けた方が良いでしょう。

 

 

大五郎(焼酎)は悪酔いする?

大五郎(焼酎)は悪酔いするの?

 

安い焼酎といえば、大五郎と思いつく人は多いのではないでしょうか。

 

大五郎は悪酔いしやすい?

 

たくさんお酒を飲む人と宅飲みをするときなどは、
少しでもコストを抑えるために、
大五郎を買っていく人も多いです。

 

ですが、その一方で、
焼酎の大五郎は悪酔いしてしまうと
感じる人も多いんです。

 

大五郎は種類として、甲類焼酎に該当します。

 

甲類焼酎は、何度も蒸留を繰り返す製法なので、
アルコールの濃度が高くなります。

 

また、原材料の風味も少なくなるので、
何かと割ることが多くなります。

 

そのため、大五郎を多めの炭酸やジュースで割ったと思っても、
意外とアルコール濃度的には、高かったなんてこともあるので、
悪酔いしやすいという印象を持たれてしまうのかもしれません。

 

大五郎は悪酔い?

 

また、割ったジュースなどに、人工甘味料が含まれている場合、
人工甘味料がアルコールの分解を妨げてしまったり、
アルコールの分解に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

 

その場合、大五郎を飲んで悪酔いしたと感じてしまうかもしれません。

 

大五郎は甲類焼酎で特別悪酔いしやすいお酒ではありません。

 

ただ、焼酎の中でも安価なので量を飲みやすいこと、
他のものと割って飲みやすいことなどが悪酔いしやすいといわれる理由です。

 

 

宝焼酎は悪酔いする?

宝焼酎は悪酔いするの?

 

宝焼酎は種類も多いので、
1度は飲んだことがある人が多数ではないでしょうか。

 

宝焼酎は悪酔い?

 

また、宝焼酎は甲類焼酎で、何かと割るのにも適していて、
宅飲みなどでも、1本あるだけでお酒の幅が広がるのが嬉しいですよね。

 

そんな宝焼酎を飲んで、
悪酔いしてしまった…

 

今回は宝焼酎の悪酔いのしやすさについて調べてみました。

 

宝の焼酎は様々な種類がありますが、
アルコール度数は25度のものが多いです。

 

ビールなどが5%前後なのに対してすごく高いですよね。

 

これをそのまま飲んでしまえば、
当然、悪酔いしてしまう確率は、
他のお酒を飲んだときより上がってしまいます。

 

また、ジュースなどで割ったとしても、
意外とアルコール度数は高く飲みすぎてしまい、
悪酔いしてしまうなんてこともあります。

 

宝焼酎は悪酔いする?

 

宝焼酎は癖がないので、ソフトドリンクや炭酸、
様々な自分の好みの素材と合わせて、飲むことができるので、
ついつい量を飲みがちになってしまうので、
悪酔いに注意が必要です。

 

また、ジュースなどに人工甘味料が含まれている場合は、
体質的に人工甘味料が身体に合わなくて、
一緒にアルコールを飲むことで悪酔いしてしまうなんてこともあります。

 

 

日本酒と焼酎だと悪酔いするのはどっち?

日本酒と焼酎だと悪酔いするのはどっちなのか?

 

日本酒と焼酎のどちらを飲むか悩んでしまうこともありますよね。

 

酒と焼酎どっちが悪酔いする?

 

また、飲み会が重なる時期などには、
できるだけ悪酔いしないお酒をチョイスしたい場面もあります。

 

悪酔いのしやすさを比較するために、
まずはアルコール度数を見てみましょう。

 

日本酒の度数は15度前後、
それに対して焼酎の度数は、20度から25度前後のことが多いです。

 

これだけ見ると単純に焼酎の度数が高いので、
悪酔いしてしまいそうですよね。

 

しかし、焼酎は水割りなどで飲むこともあるので、
その場合は、日本酒の方がアルコール度数が高くなります。

 

酒と焼酎どっちが悪酔いするの?

 

また、日本酒は醸造酒であり、
お酒の中には原材料からでた不純物も含まれています。

 

それが味わいとなって魅力なのですが、
どうしても体内に入ったときには、不純物としてアルコールの吸収を妨げてしまいます。

 

それに対して焼酎は蒸留酒ですので、
アルコール以外の不純物が少なく、
アルコールの吸収速度を妨げることがありません。

 

そのため、日本酒のほうが焼酎よりも悪酔いしやすいといえるでしょう。

 

もちろん個人差や飲む量によっても異なりますが、
日本酒は苦手なら、一度焼酎を飲んでみるのもいいですね。

 

 

ワインと焼酎なら悪酔いしやすいのは?

ワインと焼酎なら悪酔いしやすいのはどっち?

 

ワインと焼酎、どっちも魅力的で選ぶのは難しいですよね。
おつまみによっても変えるのも楽しいです。

 

酒とワインどっちが悪酔いするの?

 

しかし、どうしても悪酔いしたくないので、
悪酔いしない方を選びたい人へ。

 

果たして、ワインと焼酎では、
どちらが悪酔いしやすいのでしょうか。

 

まずは製造方法についてみてみましょう。

 

ワインは醸造酒であり、どうしても作っている時に、
ブドウの皮などの不純物が含まれてしまいます。

 

それも味や魅力の一つなのですが、体内に入ったときには、
アルコールの分解を妨げる要素の一つとなってしまいます。

 

それに対して、焼酎は蒸留酒であり、蒸留を複数回繰り返し、
アルコール以外の不純物を減らすことができます。

 

そのため、体内でアルコール分解をするときに
負担になりにくいという特徴があります。

 

この部分のみをみると、
焼酎のほうがワインよりも悪酔いしにくいといえるでしょう。

 

酒とワインどっちが悪酔いする?

 

しかし、アルコール度数でみると、
ワインは15度前後に対し、焼酎は20度から25度前後です。

 

同じ量だけ飲むと焼酎の方が、
多くアルコールを摂取してしまうので注意が必要です。

 

どちらのお酒を飲むにしても、
楽しめる範囲で飲むようにするのがいいですね。

 

 

焼酎で多少無茶しても楽しくお酒が飲めてしまうサプリを紹介しています。
>>悪酔いしないサプリメントランキングはこちら!