日本酒の悪酔いはなぜ起こる?
原因や防止・対処法!
日本酒を飲んで悪酔いした経験のある方必見です!

 

日本酒の悪酔いはなぜ起こるの?原因は?

日本酒の悪酔いはなぜ起こるのでしょうか?

 

また原因はなんでしょうか?

 

様々な種類があり、作られた地方独特の味わいがある
日本酒は飲んでいて楽しいですよね。

 

ついつい旅行先では地酒を飲んでしまうという方もいるかもしれません。

 

日本酒は悪酔いしやすい?
しかし、日本酒は悪酔いしやすいという意見もあり、
せっかくのお酒も楽しく飲むことができないのでは
と躊躇してしまうことがあるかもしれません。

 

どうして日本酒は悪酔いしやすいといわれているのでしょうか。

 

悪酔いしやすいといわれている理由としてはアルコール度数の高さが挙げられます。

 

日本人が良く飲むビールは数%のアルコール度数であるのに対し、
日本酒の多くは10%以上です。

 

単純に考えてビールと同じだけの日本酒を摂取すれば、
ビールを飲んだ時よりも悪酔いしやすいといえるでしょう。

 

日本酒を飲むときはアルコール度数の高さを意識して、
料理と一緒にちびちびと楽しむように飲むといいでしょう。

 

たくさんの量を飲むとどうしても悪酔いしてしまいます。

 

日本酒はちびちびと飲みましょう

 

他に悪酔いしやすい理由としては飲みやすさがあげられます。

 

日本酒には様々な種類や味があります。

 

味も甘いものから超辛口といわれるものまであり、
ついつい好みの日本酒を見つけると嬉しくて飲みすぎてしまう、
なんてこともあるのではないでしょうか。

 

また、少しずついろいろな日本酒を飲み比べていたら、
結果としてたくさんの量を摂取していたなんてこともよくあります。

 

日本酒を飲むときはペースを守って少しずつゆっくりと楽しむのが悪酔いを防ぐコツです。

 

 

アルコール度数の高さ

飲みやすさ

以外に悪酔いしてしまう原因と予防法はこちら!
>>悪酔いの原因と対策!おすすめ予防法!

 

 

日本酒の悪酔いを防止する方法は?

日本酒の悪酔いを防止する方法はあるのでしょうか?

 

悪酔いは短時間でアルコールを飲みすぎてしまい、
アルコールを分解した時に発生するアセトアルデヒドが血液中に増えると起きてしまいます。

 

日本酒が大好きだけれど、日本酒を飲むと決まって悪酔いしてしまう方もいるかもしれません。

 

日本酒に限らずお酒を飲みすぎてしまうと、悪酔いになる可能性があるので、
今回は悪酔いを防止する方法を紹介していきます。

 

日本酒を飲みすぎると悪酔いします
悪酔いを防止するには
アルコールを体内に吸収しすぎないようにするか、アルコールの分解力を上げる必要があります

 

悪酔いになってから対応することは難しいので、
お酒を飲む前と飲んでいる時に悪酔い防止の対策をするようにしましょう。

 

まずアルコールの体内吸収を抑える方法を紹介します。

 

胃が空っぽの状態ですとアルコールが吸収されやすくなってしまうので、
お酒を飲む前には何か食べ物を食べてからお酒を飲むようにしましょう。

 

おつまみを一緒に食べるようにしてもいいですし、
乾杯でどうしてもおつまみより先に飲む必要があるのであれば、
お酒の席の前に自分自身で何か食べておくといいでしょう。

 

また、お酒を飲んでいる時も水を間に挟むようにするとアルコールを薄めることができます。

 

スポーツドリンクはアルコールの吸収を逆に早めてしまうので避けましょう。

 

日本酒を飲みすぎたときにスポーツドリンクはNG

 

次にアルコールの分解力を上げる方法です。
これはお酒を飲む前にサプリメントやウコンドリンクを摂取しておくのがお手軽でおすすめです。

 

ウコンドリンクはコンビニでも購入することができるので、
何も準備していないときにはいいですね。

 

しかし、量が多くて飲みきれなかったり、
臭いが苦手という方もいるかと思われます。

 

そんな方は事前にサプリメントを用意しておくのがおすすめです。

 

ウコンの成分が凝縮されたゲンキウコンは、
個包装タイプの粒状のサプリメントなので臭いも気になりません。

 

バッグの中でもかさばらないので常備しておくのもいいですね。

 

飲み会の前に他の方にも渡すと喜ばれるかもしれません。

 

酵素の力によってアルコールの分解力をあげるエグゼ酵素は、
アルコールの分解力を上げる以外にも、
代謝をよくする効果があるのでダイエットなどにも利用できます。

 

お酒をたまにしか飲まないという方におすすめのサプリです。

 

>>悪酔い予防おすすめのサプリ詳細はこちら!

 

 

 

日本酒で悪酔いした時の対処法は?

日本酒で悪酔いした時の対処法はどんな感じ?

 

日本酒を飲みすぎてしまい、悪酔いしてしまうと
せっかくのお酒も楽しめず辛い思いをしてしまいますよね。

 

悪酔いは事前の予防やお酒を飲んでいる時の対策が大切ですが、
もしも悪酔いになってしまった時の対処法を紹介していきます。

 

悪酔いになってしまった時の対処法を知ることで二日酔いの予防にもつながるのできちんと押さえておきましょう。

 

日本酒を飲みすぎて二日酔い

 

悪酔いしてしまった時は、人間の体にとって有害である
アセトアルデヒドの血液中の量が増えてしまっている状態です。

 

少しでもアセトアルデヒドの量を薄めるために
水分をとるようにしましょう。

 

もちろん、もうアルコールは飲まないほうがいいでしょう。

 

水などを飲むと体の中のアルコールが薄まるので、
その後のアセトアルデヒドの増え方が穏やかになりますし、
今血液中にあるアセトアルデヒドも無害な物質に分解しやすくなります。

 

水を飲むとトイレにも行きたくなるので、
アルコールを体外に排出しやすくもなりますよね。

 

また、アルコールを分解しているのは肝臓です。

 

肝臓はクエン酸を摂ることで機能を高めることができますので、
クエン酸が多く含まれている柑橘類の飲み物を飲むようにするといいでしょう。

 

悪酔いしてしまって気持ちが悪い状態でも、
酸っぱい柑橘系の飲み物は飲みやすいことが多いです。

 

オレンジジュースだと甘くて気持ち悪くなってしまいそうな時は、
苦みのあるグレープフルーツジュースを飲むようにするといいでしょう。
日本酒を飲みすぎたときは柑橘系がオススメ

 

どうしても悪酔いの状態が辛い時は飲んでしまった
アルコールを吐いてしまうと楽になります。

 

また、頭痛などがひどいときは、少し暗いところで安静にしているのも
少し症状を和らげることができるでしょう。

 

 

日本酒で悪酔いしない飲み方とは?

日本酒で悪酔いしない飲み方はどうすればよい?

 

悪酔いしない飲み方というのは
大人になってから必要になるスキルの一つかもしれません。

 

まだ、日本の会社では会社関係の飲み会も多いですし、
好きな人や気になる方と2人でお酒を飲むという機会もありますよね。

 

日本酒の飲み方

 

お酒を楽しむ方法を知っておくことをおすすめします。

 

そこで今回は日本酒で悪酔いしない飲み方を紹介していきます。

 

日本酒は複数種類のアルコールが含まれているお酒です。

 

アルコールの種類によって分解のしやすさに差があるので、
日本酒は悪酔いしやすいお酒ともいえるでしょう。

 

そんな日本酒を飲んで悪酔いしないようにする方法は、
まずは自分のアルコール分解能力以上に飲みすぎないようにすることです。

 

一般的に悪酔いはお酒の弱い人がなりやすいです。

 

また、同じ人でも日によって、どれだけお酒を飲めるかは異なりますので、
その日の体調に合わせて飲むようを調節できるようにしましょう。

 

他には日本酒を飲む前や飲んでいる時は
飲むスピードを抑えて体内にアルコール以外もいれるために、
食べ物や水を飲みながら飲むようにしましょう。

 

他には身体のアルコール分解能力を高めるためにも、
お酒を飲む前日は睡眠をよくとるようにしたり、
疲れていない状態でお酒を飲むことも大切です。

 

日本酒を飲む前に睡眠!

 

日本酒を飲む前にサプリメントやウコンドリンクをのむのもおすすめです。

 

すこやか工房のゲンキウコンは粒状のウコンサプリですので、
ウコンが苦手な方も飲みやすいですし、
個包装になっているのでカバンの中などにいれておいてもかさばりません。

 

他には酵素の力でアルコールの分解能力をアップさせる
エグゼ酵素もおすすめのサプリメントの一つです。

 

自分に合ったサプリを見つけておくと安心ですね。

 

日本酒の悪酔いは醸造アルコールが原因?

日本酒の悪酔いは醸造アルコールが原因なのでしょうか?

 

日本酒の中には醸造アルコールといって、
製造されている時にアルコールを追加されて加工されているものがあります。

 

醸造アルコールが含まれている日本酒の中には、
本醸造や普通酒といった日本酒です。

 

醸造アルコールはサトウキビを原料につくられたエタノールです。

 

醸造アルコールの原料はサトウキビ

 

エタノールは人間の体にとって一番分解しやすいアルコールですし、
醸造アルコールはアルコール度数を高める目的で追加されているわけではないので、
醸造アルコールが含まれているからといって悪酔いのしやすさには影響がありません。

 

醸造アルコールというアルコール分が、
普通の日本酒に追加されているというのを知って、
悪酔いの原因といううわさが流れてしまったのでしょう。

 

戦後、日本酒の原料である米が不足した時は、
醸造アルコールを日本酒のアルコール度数を高める目的で使用していたので、
醸造アルコールが悪酔いの原因というのはそのころの名残
でいわれているという部分もあります。

 

現在では、醸造アルコールはアルコール度数を高める目的ではなく、
雑菌やカビの防止、飲みやすさを高めるため、
香りをよくするなどの目的で使われています。

 

日本酒は醸造アルコールを添加している

 

結果として、醸造アルコールを追加した日本酒は、
上記のように飲みやすくなり香りがよくなります。

 

そのため、普段日本酒を飲みなれていない方や
日本酒が苦手な方でも飲みやすい日本酒であることが多いです。

 

その結果、日本酒を普段よりも飲みすぎてしまい、
悪酔いを起こしてしまうということがあるかもしれません。

 

醸造アルコールが含まれている日本酒だからといって、
悪酔いしやすいということもしにくいということもないので、
自分の処理能力以上のアルコールをとりすぎないようにしましょう。

 

 

安い日本酒だと悪酔いしやすい?

安い日本酒だと悪酔いしやすいのでしょうか?

 

安い日本酒だと飲んだ後悪酔いしやすいという
うわさを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、高い日本酒なんて毎回は飲めないし、
安い日本酒が悪酔いしやすいのであれば、
気軽に居酒屋さんで日本酒を頼めなくなってしまいますよね。

 

日本酒を居酒屋さんで飲めなくなる

 

安い日本酒だと悪酔いしやすい
といわれている理由はいくつかあります。

 

その理由を見ていきましょう。

 

まず、安い日本酒の場合はついつい量を飲んでしまいがちになります。

 

例えば居酒屋の飲み放題の基本コースに含まれている
日本酒は安い日本酒であることが多いです。

 

飲み放題だからとついつい飲みすぎてしまうと、
血液中のアセトアルデヒド濃度が高くなってしまい、悪酔いを引き起こしてしまいます。

 

飲み放題でなく、自分でオーダーする形でも、
安い日本酒の場合は気軽に頼んでしまいがちで、
たくさん飲んでしまうことがあるでしょう。

 

安い日本酒を飲む場合で予算に余裕があっても悪酔いしないように、
水を間に飲みながら日本酒を飲むようにしたり、
食べ物を食べながら飲むようにするといいでしょう。

 

他に安い日本湯を飲んだ時に悪酔いしやすい原因があります。

 

それは安い日本酒は一般的に高級な日本酒と比べて
人工甘味料などの添加物が多いからです。

 

日本酒には人工甘味料もはいっている

 

私たちの身体はアルコール以外にも様々なものを分解しています。

 

分解するもののなかには、人工甘味料なども含まれています。

 

安い日本酒はおいしくしたり、香りや飲みやすさを出すために
人工甘味料やその他添加物を追加していることがあります。

 

これが体内に入ってきた時に身体に負担となってしまい、
アルコールの分解能力を下げてしまう
ことがあります。

 

これが安い日本酒は悪酔いしやすいといわれている原因の一つです。

 

 

ワインと日本酒だと悪酔いするのはどちら?

ワインと日本酒だと悪酔いするのはどちらでしょうか?

 

ワインも日本酒も悪酔いしやすいお酒として、
認識しているという方も多いのではないでしょうか。

 

ワインや日本酒は原材料である
ブドウや米を発酵させてアルコールを作っています。

 

アルコールの蒸留をしてアルコールの種類を厳選していないので、
ワインにも日本酒にも複数種類のアルコールが含まれています。

 

このアルコールの中には人体で分解しやすいものもあれば、
分解しにくいアルコールも含まれています。

 

日本酒もワインも悪酔いしやすい?

 

それに対して、何度も蒸留を繰り返し身体で分解しやすい
エタノールしか含まれていないようにしたものが甲類焼酎などの蒸留酒です。

 

なので、ワインも日本酒も含まれているアルコールの種類をみてみると、
どちらが悪酔いしやすいということはないでしょう。

 

また、アルコール度数に関してもワインは約14%、
日本酒は約15%とほぼ同じです。

 

アルコール度数の面からみても悪酔いのしやすさにはあまり違いがないでしょう。

 

アルコールの分解しやすさには個人差があるので、
個人的に「ワインは体に合うけど、日本酒はどうしてもだめ」
ということがあるかもしれません。

 

自分の身体の特徴やお酒の強さを覚えて、
お酒を楽しめるようにすることが、悪酔い防止の一歩といえるかもしれません。

 

日本酒もワインどっちが悪酔いする?

 

ワインにしろ、日本酒にしろ、
好きなお酒は量をたくさん飲んでしまうという傾向がありますよね。

 

短時間でたくさんの量のお酒を飲んでしまうと、
どうしても悪酔いをおこしやすいです。

 

ワインも日本酒も原材料や製造方法だけをみると、
悪酔いのしやすさに違いはないので、
どちらのお酒も飲みすぎず楽しむように飲むといいでしょう。

 

悪酔いしないようにするには、
ワインや日本酒の飲み方の他にも、事前の予防が大切です。

 

 

日本酒以外でも悪酔いしないためにはどうすればいいの?
>>一般的な悪酔いの原因と予防法を見る!