鏡月は悪酔いする?(アセロラ・韓国焼酎など)原因や対策について!
そもそも悪酔いの原因って?わかりやすく紹介します!

 

鏡月は悪酔いする?原因や対策・予防法について

韓国焼酎鏡月は悪酔いする?
原因や対策・予防法についてはどんな感じ?
韓国焼酎鏡月は悪酔いする?
居酒屋でお酒を飲むのも人気ですが、
自宅などでお酒を飲むのや家で飲み会をするのも人気ですよね。

 

お酒を飲みなれてない方にも飲みやすいお酒が開発されていますし、
女性タレントや女優さんなどが、おいしそうにお酒のCMに出ていると飲んでみたい!
と思う方もいるのではないでしょうか。

 

サントリーの韓国焼酎、鏡月もクセがなく、
飲みやすいお酒として人気です。

 

苦いお酒は苦手という女性も、
甘いもの好きな男性にも受けがいいお酒かと思われます。

 

 

しかし、韓国焼酎鏡月を飲むと決まって悪酔いするという方はいませんか。

 

今回は鏡月は悪酔いするのかどうか、
悪酔いの根本的な原因や対策、予防法について解説していきます。

 

まずは悪酔いの根本的な原因をみていきましょう。

 

悪酔いと二日酔いは混合されがちですが、
悪酔いはお酒を飲み始めてから数時間ほどで出てくる身体と精神の不調
のことを指しています。

 

二日酔いはそれに対して、
お酒を飲んだ翌日以降の不調です。

 

悪酔いの原因は血液中のアセトアルデヒド濃度が増えすぎたことです。

 

私たちの身体はアルコールを摂取すると、
有害なアセトアルデヒドに分解した後、
さらに身体に無害な物質に分解し体外に排出します。

 

お酒に弱い人はアセトアルデヒドの血液中の量が増えやすいので注意が必要です。

 

アセトアルデヒド量が一定以上になると悪酔いになってしまいます。

 

サントリーの韓国焼酎鏡月はアルコール度数が16%と高いのに対し、
クセがなく飲みやすいので、お酒を飲みなれてない方や苦手な方でも、
ついつい量を飲みがちになってしまいます。

 

そのため、他のお酒と比べて悪酔いをしやすいと感じる方が多いのでしょう。

 

悪酔いしないようにするには、
事前の対策やお酒を飲んでいる時の対策が大切です。

 

共通していえる対策法はアルコールの分解力を高め、アルコールの吸収を抑えるという対策です。

 

韓国焼酎鏡月を飲む

 

まず、アルコールの分解力を高める方法ですが、
これはお酒を飲む日は疲れすぎた状態で飲み始めないように注意することや
お酒を飲み始める前にウコンドリンクやサプリを飲むことがおすすめです。

 

ゲンキウコンというサプリは粒錠のサプリなので、
ウコンのにおいが苦手な方でも飲みやすくおすすめです。

 

また、同じくアルコールの分解力を高めるエグゼ酵素は、
酵素の力を利用していて、お酒を飲まない時は体内酵素を増やし
ダイエット効果を高める便利なサプリです。

 

>>悪酔い予防サプリおすすめ【実体験】はこちら!

 

 

 

アルコールの吸収を抑えるという面では、
空腹状態でお酒を飲まないことが大切です。

 

少しでもおつまみを食べてから飲み始めるか、
事前に何か食べた状態でお酒を飲み始めましょう。

 

韓国焼酎鏡月のアセロラは悪酔いする?

サントリー韓国焼酎鏡月のアセロラ味は悪酔いするのでしょうか?

 

鏡月は自分で飲み物を割って楽しむこともできますが、
あらかじめアセロラなどのフルーツの味がつけられている
ふんわり鏡月なら割る必要もなく、気軽にフルーツ割のようなお酒を楽しむことができます。
韓国焼酎ふんわり鏡月

 

韓国焼酎鏡月アセロラは鏡月シリーズの中でも人気ですよね。

 

宅飲みや女子会では欠かせない!
という方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、中には「なぜか鏡月アセロラを飲んだ後は身体が辛い」「鏡月アセロラを飲むと悪酔いする」
とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

 

韓国焼酎鏡月のアセロラを飲むと、
他のお酒を飲んだ時より悪酔いしやすいという理由はいくつか考えられます。

 

まずは鏡月アセロラが飲みやすいお酒であるにも関わらずアルコール度数が16%と高いお酒であることがあげられます。

 

日本のビールのアルコール度数は、
ほとんどが5.5%であることを考えるとすごく高いですよね。

 

そのうえ鏡月アセロラはおいしくて飲みやすいので、
ついつい量を飲みがちになってしまうということが考えられます。

 

1杯や2杯程度、晩酌を楽しむという飲み方では、
悪酔いをしないかもしれませんが、宅飲みや女子会で量を気にせず、
がぶがぶ鏡月アセロラを飲んでしまうと悪酔いしてしまう可能性があります。

 

韓国焼酎鏡月で飲み会
他の理由として鏡月アセロラが悪酔いしやすいのは鏡月アセロラに含まれている甘味料が挙げられます。

 

私たちの身体はアルコール以外にも様々なものを分解し吸収しています。
また、身体に吸収できないものや不要なものは排出します。

 

そのため、混ぜ物が入っていないお酒よりも
いろいろな成分が含まれていて混じっているお酒ほど悪酔いしやすいです。

 

サントリー韓国焼酎鏡月アセロラは飲みやすくするために、
甘味料や人工甘味料が多く含まれているのでその分、
他のお酒より悪酔いしやすいという側面もあります。

 

 

鏡月アセロラをたくさん飲んでも悪酔いしなくなるサプリはこちら!
>>悪酔い対策サプリランキング!

 

 

 

鏡月(韓国焼酎)悪酔いするって本当?

鏡月(韓国焼酎)は悪酔いするって本当なのでしょうか?

 

最近様々な種類の焼酎が人気ですよね。

 

韓国焼酎もその一つではないでしょうか。

 

中でも鏡月は様々なシリーズが販売されていますし、
アセロラなどフルーツ味のものもあり女性にも人気が高いお酒です。

 

韓国焼酎鏡月のCM

 

しかし、鏡月は悪酔いするという噂を聞いたことがある方もいるかもしれません。

 

今回は韓国焼酎や鏡月の悪酔いのしやすさについて解説します。

 

悪酔いは血液内のアセトアルデヒド量が
一定以上になることで起きてしまいます。

 

アセトアルデヒドはアルコールを体内で分解すると発生します。

 

短時間でたくさんの量のお酒を摂取すると、体内のアルコール量も増えるため
悪酔いしやすくなりますが、それ以外にもアルコールの種類も悪酔いのしやすさには関係あります。

 

アルコールにはいくつか種類があり、中でもエチルアルコールは人体で一番分解しやすく悪酔いしにくいアルコールです。

 

お酒の中に含まれるアルコールをエチルアルコールのみにするには、
製造過程で複数回蒸留作業を繰り返す必要があります。

 

この製造過程を行ったお酒で有名なのが、
甲類焼酎と呼ばれる種類のお酒です。

 

焼酎には乙類と甲類があり、乙類は1回のみの蒸留なので、
ビールやワインのように複数種類のアルコールが混じっています。

 

同じアルコール量でできるだけ悪酔いしにくいお酒を選びたいというのであれば甲類焼酎を選ぶのがおすすめです。

 

鏡月シリーズの中では韓国焼酎鏡月グリーンが甲類焼酎です。

 

焼酎の種類いろいろ

 

他の鏡月シリーズや韓国焼酎も悪酔いしやすい
というわけではありませんが、アルコールが複数種類含まれていること、
アセロラ味などに人工甘味料などが添加されていることなどが、
原因で悪酔いしてしまうことがあります。

 

特に甘くて飲みやすいアセロラなどの種類のお酒は量を飲んでしまいがちなので注意が必要です。

 

 

鏡月グリーンと悪酔い防止サプリで、悪酔いせず楽しい飲み会にしましょう!

 

>>実体験で選んだ悪酔い対処サプリのおすすめはこちら!